2016年9月24日土曜日

労災保険の事例問題



みなさん、こんにちは。

今回は、労災保険法に関することです。
平成28年度試験で、業務災害や通勤災害の認定に関する事例が
かなり多く出題されました。

ここのところ、このような事例の出題が続いています。
事例というのは、大げさにいえば、いくらでもあるので、
出題しようと思えば、いろいろなものを出題することができます。

だからといって、試験対策として、事例を1つ1つ勉強していくというのは、
さすがに難しいところです。
実際、事例そのものを勉強していなくとも、考え方を理解していれば、
対応することができるものが多々あるので、勉強するうえでは、
まず、考え方を理解するということが優先です。

そこで、
7月に、業務災害の認定に関する裁判に関して、最高裁判所で判決がありました。

その概要は、
労働者が、業務を一時中断して事業場外で行われた研修生の歓送迎会に途中参加
した後、当該業務を再開するため自動車を運転して事業場に戻る際に研修生を
その住居まで送る途上で発生した交通事故により死亡したことが、労働者災害
補償保険法1条、12条の8第2項の業務上の事由による災害に当たる
というものです。

全文は、長くなってしまうので、ここには掲載しませんが、
最高裁判所のサイトで確認することができます

最近、いろいろな科目で最高裁判所の判例が出題されているので、この判例も、
もしかしたら出題されるかもしれません。
気になるようであれば、時間があるときにでも、目を通してください。

2016年9月9日金曜日

平成29年度試験に向けて



平成28年度試験が終わり、10日以上経ちました。

受験された方のうち多くは、すでに、自己採点をされたのではないでしょうか。

合格発表が待ち遠しいという方もいれば、
結果が、思わしくなく、平成29年度試験に向けて動き出している方もいるでしょう。

ただ、「2017年版」の「基本書」の発売、もうしばらくお待ち頂けるでしょうか。


そこで、
平成29年度試験に向けて大きな改正がある科目もありますが、
現時点では、大きな改正がない科目もあります。

大きな改正がある科目については、「2016年版」を利用されるのは、
危険なところがあります。
これといった改正がない科目であれば、
とりあえず、「2016年版」を使って勉強をしても、大きな支障はありません。

労働基準法は、大きな改正はありませんから、
とりあえず、「2016年版」を利用されていても大丈夫です。

労働安全衛生法は、いくつか改正がありますが、新しい規定の追加という改正ですから、
やはり、「2016年版」を利用されていても大きな問題はありません。

労災保険法と徴収法も、今のところ、これといった改正はないので、
平成28年度試験向けの改正をしっかりと確認しておけば、とりあえず、大丈夫です。

労働保険のうち「雇用保険法」、これは大きな改正があります。
たとえば、被保険者のうち「高年齢継続被保険者」について、
その名称が「高年齢被保険者」とされ、65歳に達する前から引き続き雇用されていた
という要件がなくなっています。
そのほかにも多くの改正があるので、雇用保険法の勉強は、できるだけ、
新しいものを使いましょう。

この時期ですと、まだ、
あまり勉強する気になれないってところはあるかもしれません。
ですので、このタイミングで、リフレッシュするというのもありですが、
できれば、記憶が薄れないよう、少しずつでも勉強をしておきましょう。


2016年8月30日火曜日

お疲れ様でした。



平成28年度試験を受けられた方、
お疲れ様でした。

試験は、いかがでしたでしょうか?

選択式は、取り組みやすい問題が多かったのではないでしょうか。
そのため、基準点は、昨年に比べると高くなると思われます。

ただ、「労働一般」については、労働経済からの出題だったので、
すべてを正解するというのは難しいところです。

択一式は、健康保険法や厚生年金保険法、国民年金法については、
ある程度の点を取れる内容でした。
それに対して、労働関係は厳しい問題がありました。
たとえば、労働安全衛生法は全滅ということもあり得る内容でした。
とはいえ、労働基準法がそれほど難しいものではなかったので、
併せれば、それなりに得点ができたと思います。

基準点が気になるところでしょうが、
現時点では、何ともいえないところがあり・・・
ただ、前年に比べて、極端に上がったり、下がったりすることはないと
思われます。

結果は、さておき、
心身ともに、かなり疲れが溜まっているということもあるでしょうから、
一休みというのもありです。

試験の結果によって、
それぞれ、その先が違ってくるでしょう。
そのときのために、ここで、少し英気を養ってください。



2016年8月24日水曜日

合格しましょう



平成28年度試験まで、あとわずかになりました。

いろいろな事情から、思うように勉強が進まなかったという方もいるでしょうが、
最後の最後まで、しっかりと進め、
やれることはやったという気持ちをもって、試験に臨んで下さい。

そこで・・・毎年のことで、
試験直前、受験される方に伝えていることがあります。

試験中、予期せぬことが起きるってことがあるかもしれません。
ただ、そんなときでも、焦らないように。
もし、焦っていると感じたら、深呼吸をしてみましょう。

焦ると・・・必ずといっていいほど、ミスが出ます。
そのミスが連鎖反応を起こすってこともあり得ます。

合格基準を突破できる実力を持ちながら、残念な結果になってしまった方、
過去にたくさんいます。
その原因、ケアレスミスによる失点というのが多いです。

ですので、試験日、問題を解く際は、焦らず、じっくりと解いていきましょう。
1つ1つ、確実に。
その積み重ねが、合格につながります。

それと、一番大切なこと、
最後まで合格を信じましょう。

「合格する」という気持ちが合格を呼び込みます。

それでは、みなさん、頑張ってください。

2016年8月16日火曜日

体調管理に注意




験生のみなさん、
平成28年度試験まで10日ほどになりましたが、
勉強は、しっかりと進んでいるでしょうか?

計画通り進んでいたとしても、
「もっとやっておかなければ」という気持ちになり、
焦ってしまうってことあるがかもしれません。

ただ、焦る気持ちがあると、空回りしてしまうなんてことにも
なりかねませんから、できるだけ焦らないようにしましょう。

これから試験までは、最低限、やっておかねばということを
自分自身で考え、それを最優先で進めましょう。


それと、この時季は仕事が夏休みなんてことで、
生活のリズムを崩して勉強を進めている方もいるのではないでしょうか。

勉強を進めなければという気持ち、それは必要なことですが、
あまり無理をして、体調を崩してしまわないように。

まだまだ暑い日が続きます。
そのため、無理をすると、体調を崩すってこともあり得ます。

しっかりと勉強をしても、試験日に体調を崩していたりすると、
実力を発揮できないってことになるかもしれません。

ですので、試験まで、体調管理をしっかりとしながら、
勉強を進めてください。

合格まで、もう少しです。
頑張りましょう。